【ホームメイド食シリーズ】今年の味噌作り

からだ,セルフケア,宇宙、星、自然,食・地球と身体にやさしい食事

めっきり秋も深まってまいりましたね。

そろそろ、大豆も収穫期を迎えています。

 

ということで、令和になって初の、味噌づくり をしました。

今回は、最初なので少な目に。

大豆200グラムにしました!

 

 

 

材料はこちら。

大豆、米麹(乾燥タイプ)、塩、大豆のゆで汁。

 

 

 

大豆は、前の晩から水に浸し、良い感じにふっくらと水を吸っています。

水を吸った大豆をゆでて、さまして、下準備完了。

 

 

 

さあここからが仕込みです。

久しぶりのこの感触。

こねこね、楽しい~

 

 

 

米麹と塩も、まぜまぜ

混ぜているうちに、だんだんとほんのり温かくなってきます。

 

 

 

この後は、こねこね大豆と、まぜまぜ塩麹を一緒に混ぜ、団子状にして、容器に詰めます。

なるべく空気が入らないようにですね。

(手が大豆まみれなので、写真は省略。)

 

 

 

容器は、ル・パルフェ(ダブルキャップジャー)があったので、それにしました。

750ml にちょうど! 素晴らしい!

200gの大豆で作るにはこのサイズがぴったり。

次回のためのメモに残しておきます。

 

 

 

表面に焼酎と化粧塩をして、腐敗防止。

 

 

 

何か重しになるものを・・・と探して目についたのは、さば缶(笑)

ちょっとおしゃれっぽいデザインなので、これにしましょう。

 

 

今の時期だと、出来上がりは4カ月から半年後くらいかな?

リビングにおいて、ちまちま様子を見たいと思います。

 

 

 

お味噌づくりは、楽しいんですよ~!

麹と植物のマジック。

混ぜ合わせると、生きてくる・・・

微生物の不思議を感じます。

 

 

それと、時間をかけて育てる、という意味でも、命の意味を感じさせます。

 

 

作り方は、以前開催した、お味噌づくりワークショップの手順を踏襲。

当時の記事がいま見つからないので、その後、出来上がった時の記事を載せておきます。⇒こちら

おさらいにもなっていて、分かりやすいと思います。

あの時も、命、という表現をしていましたね、私。

 

 

お味噌づくり、またやりたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020-04-30ホームメイド,味噌作り,手作り

Posted by aria