9/6の満月と太陽フレアと変化の兆し

新月、満月、星の動き

ここのところ、激眠な毎日を送っています。

眠い、とにかく眠い。

身体がこういった変化を起こすときは、何かに備えている時なんですよね。

準備中。

 

 

天体の動きも活発です。

満月、太陽フレア、続いています。

そして、新月や秋分もやってきますしね。

 

 

昨日9/6、午後4時過ぎに満月になりました。

昨日の夜は小雨と曇り空で、月はこんな感じに雲を介して姿を見せていました。

 

 

天体の動きは、普段意識していなくても、誰にでも働きかけています。

信じる信じない関わらず、人間、植物、動物、etcに働きかけます。

また、有機的なもの、自然現象だけでなく、無機質なもの、例えば通信などにも作用します。

「シリウス革命」的に言えば、我々の思いが反映されている現象?として天体・惑星があることになるので、ますます切り離すことができないというか。

 

 

昨日の9/6は、満月もそうでしたが、太陽本体にも変化が有りました。

日本時間9月6日、大規模な太陽フレアが2度にわたり発生した。とくに21時ごろのフレアは11年ぶりとなる最強クラスのフレアで、この現象に伴う太陽風の乱れが8日の夜ごろ地球に到来すると予測されている。

(引用リンク:星を見る・宇宙を知る・天文を楽しむ AstroArts 「11年ぶり、最強クラスの太陽フレアが発生」)

 

 

x9.3の太陽フレア。

x9級のフレアは、2006年12月以来最大 だそうです。

(参考画像。実際の9/6のフレア画像は、AstroArts様リンクからどうぞ)

 

太陽フレアが活発化し太陽風が強く吹くと、時間差で地球にも到達しますが、X9.3の最大のフレアは明日9/8の夜に到達が予想されています。

もちろんその前、後にも影響は出ると考えると、交通とか通信事情、自然や天候の変化に心を配っておいた方が良いでしょうね。

何もなければそれでいいし。

 

 

最大フレアが起こった11年前の2006年を振り返って、私にもいろいろい~ろいろ有った年でした。

海外住みであり、スピリチュアル系の学びが始まった年でもあり。

子供時代にもなんやかんやスピ的なことはあったけれど、それを実際人に習ったり、言葉や行動にし始めたのが2006年。

そう思うと、一周して一区切り、新しい視点に立った2017年。

太陽フレアの変化と、心境や環境の変化はシンクロしているように感じます。

 

 

2006年の、日本は、読んでくださっている方は、どんなだったでしょう?

 

 

余談ですが、世間ではその年、新語・流行語大賞の大賞の一つに「品格」という言葉がありました。

面白いことに、先日出版になって売れている本、「英語の品格」というのがあるんですね。

同じ言葉がまた注目されている現象

店頭で売り切れも出始めていて、ネットだと買うことができるそうです。

読んでみようかなと思いました。

 

Amazonリンク:英語の品格 ロッシェル・カップ著

Please~、Why~、など、学校で正しいと教えられた英語は、ときに失礼な表現になりかねない! 使うとネイティヴは気分を害してしまう! ?
英語が単純でストレートな言葉だというのは、大きな誤解だ。
英語は、日本人が考えるより繊細で豊かな表現であふれている。
日本語と英語に精通したアメリカ人経営コンサルタントと国際ジャーナリストが、日本人英語の弱点・勘違いを指摘し、ビジネスや日常生活ですぐに役立つ品格のある英語を伝授する。
この一冊で、あなたの英語の好感度は格段にアップします。

 

 

 

 

 

 

2017-10-01フレア,太陽,満月,英語の品格

Posted by aria