311 ②ご協力ありがとうございました その2

クリスタル、鉱物、ミネラル,宇宙、星、自然

ジャパンワンマインド(Japan One Mind)
ワールドワールドワンマインド(World One Mind)
それぞれのワークの後、皆さんでシェアをしました。
感じたもの、得たものは、その時のその人へのメッセージですので詳細は控えさせて頂きますが、
ジャパンのアレイでは、各自、自分が担当した地域の特性を現す内容やメッセージとなっていました!
(ご参加いただいた蛍さんが、素敵なレビューを書いてくださっています–>こちら。清美さんもブログに書いてくださいました☆–>    こちらです
私は、期せずして、東北・北海道でした。
(今回、誘導をしながらアレイにも入るという方法を試しました。)
血縁霊縁の地ですね。
まだまだ癒しが必要だけれど、こういった祈りが繋がって大きく大きく大きくなって、そこから癒しが起こるとか、その他いろいろです。

ご参加の方がおっしゃられているのですが、
『311はみんなが何らかの形で傷ついたと思います
私もそのひとり
祈りは自分自身の癒しにもつながりました』
まさに、そう!!
私も、祈ることで自分自身を癒すことをさせてもらったのだと、気が付きました

ワールドワンマインドで印象的だったのは、
風のエナジーと繋がった方、水のエナジーを感じた方がいらっしゃり、
そして、私は地のエナジーと共振したようです。
全て地球に存在し、地球を構成する要素。(他にも火・光もありますが、)
そのどれが欠けても、生物は地球に暮らすことはできず、地球自身も存在できなくなるのではないでしょうか?
それぞれが感じとったメッセージは、人と人とが繋がること、それ以上に、地球とそこに存在するエネルギーとそして宇宙とのつながりのこれまで以上の必要性、を伝えるものだったのではないかと感じています。

ワークが始まる前に、風、火、水、地の精霊や女神にお願いして、ワークをサポートしてもらったのも関係してますね。
皆さんにはお知らせしていなかったのに、感じ取っていらっしゃいました。

ジャパンでもワールドでも、感じたエネルギーや受け取ったメッセージはポジティブなものネガティブなもの両方あります。

万物全て、自分自身がどれを選ぶか
どの方向性に進むと決めるか
それには、今どうしたらよいのか
このタイミングを大切にして

自分の中心、ハートの声を信頼して
繋がり愛
一つになること

ワンマインド のワークは、クリスタルのアレイを使って一つになる という行動 Actionを起こします。 一つになる、と自分で決めて、このワークに参加をし、アレイから世界へその意識を発信します。
ですが、同時に私たちはもともとは一つであること を思い出し信頼し調和を作り上げる。 
それを体感で、或いはハートで分かるためのワーク、でもあると私は思いました

ひとつである

One Mind 
{684BD0DF-9083-4942-8CBE-23252AC9687F:01}


ところで、ここからは個人的な変化についてです。

ワンマインドを終えた夜、夫方の身内の体調急変の知らせが飛び込んできました。
311クリスタルワークを終えた日の深夜遅く。
翌日は、お友達の晴れの門出を祝うパーティなのに、行かれないかも。。
正直、 なんでこのタイミングで…  
と、朝方まで眠れませんでした。
さらに今度は、私の実家のほうにガツンといった出来事が。
私は長姉なのですが、個性派ぞろいの妹たちや母と、どうやって一つになるか。
どんな風に、ひとつになるか。
どのようにお互いを尊重しあいながら、調和を元に希望のある未来を想像するか。
それを考えさせられる時がやってきました。

世の中で一番身近な世界、社会は、やっぱり家族です。
一番小さいユニット、それが家族。
自分が生きる最も近しい世界、長くて濃い歴史をシェアしあっている魂たち。
一つに繋がる、ワンマインド の精神。
ここでいま、まさに、ワンマインド が試されています
互いを尊重しあって、
愛のあるベストな関係、世界をどう創り上げてゆくか。

両方の家族で、大きな出来事が巻き起こっていますが

それでも、私のハートは元気に溢れています!
希望も湧いています。
その訳は、自分はここにいる、中心にいる(中心がある) と今の私は確信があるし、温かで幸せだと感じる世界を望んでいるからです。
仕事も生活も、どちらもあきらめずにバランスを取りながら、いまならできるでしょう
とハートが言っているからです
そして、自分は全体の一部であり、今その役割をしているからだと感じるからです。
宇宙全体と、その一部である個(piece)、つまり私   
沢山の次元に存在する個、とイマココに在る個
インナーセルフ、ハイアーセルフ、それを内包する個
世界・社会と、その一部である個

そして、一番小さいユニットである家族と、その一員である私

全体の目を通して物事を見、

それらが一つに合わさったときに、本当のワンマインド なのかもしれません。
  

2018-01-31

Posted by aria