【ホームメイド食シリーズ】豆乳デザートで、労わります♪

食・地球と身体にやさしい食事

今日はOFF。ゆるゆるモードで過ごしましたよ。

気候や磁気の変化と、心や体調の変化は、密接に関わっています。

ちょっとお疲れな時や、癒されたいときなどは、やさしい食事をすることで

回復が早まります。

私も、今日はやさしいおやつで自分を労わります。

 

豆乳って、癖があるので飲みにくい~!とか、長く続けられない~!とか、ありますね。

飲むだけでなく、食べやすく工夫すれば、結構いろいろなメニューに使えるのですよ。

私は、牛乳の代わりは、全て豆乳やナッツ系のミルクです。

コーヒーショップでも、必ず聞いて置き換えてもらいます。

(可能ならティーサロンでも)

今日作ったのは、豆乳を寒天で固めて、きな粉や蜂蜜をかけたもの。

蜂蜜の変わりに、黒糖を煮詰めた黒蜜もいいと思います。

 

 

 

 

 

とっても簡単なので、作り方をご紹介しますね!!

{E4B2C061-1E97-4A7C-8F5A-88644672CC79:01}

 

 

1 お鍋に、お水(300cc)、粉寒天(4g)を入れて、よく混ぜます。

 

2 とろりと混ざったところで、火にかけ、沸騰するまで混ぜます。(沸騰が重要)

 

3 小さい泡から、大きい泡になるので、よく混ぜながら2,3分。

 

 

 

 

 

{E9F1691A-8694-4123-A736-682B2DA2DA5C:01}

 

 

4 荒熱がとれたところで、豆乳(200cc)を投入~~

 

5 豆乳が沸騰直前になったら、火から降ろします

 

 

 

 

 

 

 

{709676AD-FD8C-4E6E-918B-66FD776E0D17:01}

 

 

6 よく混ぜ、型に流し入れます

 

7 冷蔵庫で1時間冷やします(時間は、容器の大きさによります)

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

できた~~~

 

召し上がれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私が愛用している豆乳は、写真にある

「 ふくれん 成分無調整豆乳 」

九州産のふくゆたか(大豆)100パーセントで、遺伝子組み換えしていません

日本で手に入る大豆は、外国産や、遺伝子組み換えされているものがほとんど!になりつつあるそうです。。。

そんななか、こちらの豆乳、ありがたいですよね

もし手に入るのであれば、是非お試しください!

 


安全な食品を選ぶことは、

農薬や化学肥料、遺伝子操作を自分の生き方に取り入れないことでもあり、

自分や家族の体のことだけでなく、

それを作ってくださる生産者の方の健康や、大地、地球の健康でもあるので、

こういう選択をしていく方が増えていくといいなと願っています。

 

私ごとでは、昔から自然とそういう考え方で来ましたが、

昨年、レムリアン・ヒーリング(R)のマスター1コースでも、安全な食を採ることと

環境の話を学んで、気持ちも新たになったのですね。

これからは、そういった食事や環境の話も、ブログに書いていきたいと思っています。

ちなみに、、、、寒天の分量は、水分に対して0.8~1% で固形に。

水分大目だと、ふるふるデザートの豆花(トウファ?)のような食感に。

こちらもナイス!

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

2017-06-28

Posted by aria