【ホームメイド食シリーズ】自家製梅酒 ☆ 15年もの ☆

食・地球と身体にやさしい食事

最近は、の見直しを続けています。

いまの自分の肉体と心、スピリチュアルな側面も、食べるものが大きく作用しています。

自宅の床下に、ずっと気になっていたとある食材がありました。(タイトルを見ればお分かりですね 笑)

じゃん♩

{BF8FC6F1-2323-421D-9E4E-35C9B90A8619:01}

 

梅酒です!!!

 

結構、黒いので、どれくらい経っているかというと、ラベルに H12。5月開始 と書いてありました。

15年!!!

(そんなに経っていたなんて、驚き??!!)

H12年というと、2000年。

私がベジタリアン生活を始めて間もなく、いわゆるビーガンに移行しつつあった頃。(今は、ゆるベジで~す)

食事もいろいろと工夫をしだして、いろんなものの自家製に挑戦していました。

あれから、幾度の引越しをして、その間実家に預けたりして、この梅酒ちゃんは一度も開封されずに今に至るという。

(ある意味、汚染もされずクリーンであり。)

中の梅も、つけっ放し♪

 


 

いまや、平成27年!!
ある出来事があり、とうとう、「この梅酒」を開封してみることとなりました!!
最初は、さわやかなグリーンのころころとした梅でした。
蓋を開け取り出した、瓶の底に眠っていた梅たちは、、、
{7CA7F7B5-6FEA-4EC6-96E0-896F99C1BF10:01}

 

こんなに真っ黒に~

そして、肝心の梅酒エキスのほうはというと、、、

酸味とにおい、見た目で判断し(強すぎる酸味が無い、異臭がしない、カビ等が見えない)

一(ひと)なめして、、、

 

美味しい!

なにかしら!このコクと深み!! 柔らかい香り!!

梅本体のほうも、滋味があって美味しい~~~

 

 


 

 

{C5BBDEA8-760D-4BAD-9EB1-46CABE4F8B25:01}

早速、炭酸割り(梅酒ソーダ)と、ロックで^^

市販の梅酒は、透明に近い色をしています。

本来梅酒は、年月が経つほど色が変化して、透明~琥珀~茶~黒 となり、その移り変わりに応じて味にまろやかや深みが増してくる、と。

うちの13年梅酒も、琥珀を通り越して茶色になっております! とろみもついております!

いい感じですね。

梅酒のつくり方について、チョーヤさんによるとHP(http://www.choya.co.jp/life/katsuyoho/01.html )

「しっかりと蓋をして、冷暗所で保存します。時々ビンを静かにまわして液を均一にします。6ヶ月で風味よく飲めますが、1年ぐらいねかせておくと、一層おいしくなります。※2年以上熟成させたいときは1年で梅の実を取り出してから熟成を続けて下さい。」との表示。

 

 


 

{391235D6-3BAA-483A-8C92-FA4E5C6CC649:01}

うちの場合は、梅はつけっ放しでしたが、苦味も出なくて美味しくなりました。

保管状態にもよるのかもしれませんね。

暑さで、氷が溶けるのもあっという間。

すぐにも乾杯♪

手作りから生まれるやさしい波動。

やっぱり、いいですね~

手作り食材とか、からだや環境を思いやった料理を持ち合ってわいわいするパーティとかしたくなってきました!!!

体のこと、料理のこと、スピリチュアルなこと、etc 全部繋がってくるのですよ。

生き方、ですから。

やさしい波動を分け合う機会、これからも作っていきたいです。

 

 


 

2019-07-09

Posted by aria