浄化の話☆その3(ツイていたものは?そしてどうなった?)

全ては周波数、波動。音、サウンド

今日も連続物、第3回です。

(ご興味のある方向けです)

読みに来てくださりありがとうございます!

 

 

ツイていたもの(離れたエネルギー)は、何だったのか?

そして、どうなったのか?

ですね。

先日の浄化兼お祓い。

(先日のが浄化なのか?お祓いなのか?と聞かれたら、浄化・調整で本人のエネルギーが清まり(整い)、それにプラスしてお祓いのようなものだったのだと思います。まあ、どっちで呼ばれても良いんですが。)

ツイていたのは、とある男性の深い思い残しと、その方の意識のエネルギーでした。

駅のそばで、ベンチに腰掛けてぼんやりしている男性でした。

浄化、お祓いをすると、二つの変化がありました

一つ目は、ツイていた思い自体の波動が変わったこと、

二つ目は、別な次元にその残りが還っていったこと。

 

 

一つ目のツイていた思い残しは、残留思念や、感情・記憶のかけらでした。

それらは、清められたことによって形を変え、波動を変え、消えていきました。
*残留思念や、感情・記憶のかけら・・・
ある場所やある物に触れて、とても楽しかった、と感じたら、その思いはその場所や物に楽しい波動として残ります。
不満をこぼしていたら、不満のエネルギーが残ります。
もしも何か強烈に思ったら、それだけ濃いエネルギーが残ります。

職場、駅、公園、自宅、洋服、食器、バッグ、クリスタル、水、なんであれ。
そういった、場所や物に残った誰かの思いや記憶のエネルギーの断片のことです。

 

一方、二つ目(残り)は、次元の穴を通り還っていきました。(昨年から、自己流でこういう還すやり方をしています)

*この残りとは・・・一般に霊魂と呼ばれるもので、私流に「その思いを持っていた方の意識のエネルギー」と呼んでいます。

 

 

まだ「源」に戻り切れていなかった状態で宙ぶらりんだった意識のエネルギーは、戻っていきました。

 

image

 

源と意識のエネルギー(魂)は、常に繋がっています

生まれるぞ、となった時、その意識のエネルギーは(魂)は個別に源から切り離されるのではなく、いつでも、今も、びよーんと飛び出ながら繋がっています。

繋がっている、飛び出ながら、というのは地球的な表現。

宇宙的な表現をするならば、繋がっている、飛び出るというより、照らし出され、像が浮かび上がるというほうが近いかもしれません。

源の一部の自分という存在が、ホログラムである地球に、自分と言う像として浮かんできます。

どの魂も同じです。

ということは、あの人も、この人も、もとは自分と同じ。

そして、時が来て、魂はみなもとに戻る(還る)のです。

みなもとに、皆 源に、源に。

あの男性の意識は、思いが強すぎて戻ることを決断できなかったか、決めることを放棄したために残ってしまったのでしょう。

 

 

ところで、源に還る時に、実は、還り切れずにいる場合も多々あるようです。

それが、輪廻。(この場合、転生とは違う意味)

際限なく、同じ生き方やテーマを繰り返すこと。

タイムループもそうです。

この輪廻を選ぶパターン、そして輪廻すらも選ばないパターンもあります。

輪廻を選べば、この地球の中で延々と同じテーマを生き、一定の輪の中を繰り返す。

輪廻すら成し得ない場合は、ますます混とんとしたまま残る。

どっちにしても、今の私だったら、選ばないですね。

 

 

「生まれ変わり」という言葉がありますが、何か素敵な響きを感じませんか?

実はそれが輪廻のパターンである場合も結構あって、そうなると一転イメージが変わりますね。

終わりがないことを美しいと思うか、常世の春とするか。

美しいと思い込んでいただけで、そうではないと知るか。

意味が変わるというものです。

 

 

話しが飛びましたが、

浄化・お祓いでは、清められるものはそうなり、清められたことで戻る場所がある物は、戻っていきます。

ニュートラルに整うことで、そのもののあるべき姿や場所になるのです。

怖いと思う人は怖いでしょうし、シンプルだと思えばシンプルです。
 

究極、

ツイているものも、霊現象も、生まれることも、亡くなることも、

何でもが、この地球のホログラムに映し出されたもので、

実態は無いのですけどね~。

 

 

 

 

 

 

*関連記事*

 

浄化の話☆その1(職場を浄化・調整の巻)

浄化の話☆その2(何かツイていませんか?)

 

 

 

 

2017-06-28

Posted by aria