北の大地の癒し旅 2(北海道・小樽)

旅日記&温泉日記

北海道シリーズ続きます。
札幌、小樽、そして今、富良野です。
今日はこちら、雪とみぞれが降りました!!!
さ、さ、寒い!!!
気温3度。
体感では0度じゃないの〜〜??
曇に見えますが、この時もみぞれが。
この風景、日本じゃない、みたいです。
{3A09640D-F469-4BC2-B9A9-02868DC0A09D}

 

富良野の地平線も、
凍えながら堪能します⁾。゚(゚´Д`゚)゚。
{9EF8260A-7E5F-4FA7-BDFB-F0B48F33250A}

 

ところで、
富良野の話の前に、小樽の事をちょこっと。
今回の旅で寄らなければならないな、と思っている場所がありまして、
日本海、十勝岳、温泉、火山。
北海道は大きいですから、
日程と距離から行かれる範囲が自ずと決まります。
北海道は私には未知数。
思いつく所と言えば、
じゃあ、日本海は小樽⁉︎
昨日は小樽に一泊しました。
夜の運河
{DA136E4D-CBA1-40CC-8CEA-996043C38D3F}
日銀。

 

{ED94BA61-03E5-4C34-9490-15DE0A64741A}
ガラス細工が綺麗なお店

 

{08EA34DA-44E9-4248-A556-88A12D476F90}

 

予備知識なしの私は、
小樽なら、運河とお寿司、あとは日本海のエネルギーに触れればベスト、と目論んで。
港町、金融、商業、異文化、芸事 などが発展したせいか、どことなく横浜にも似てますね。
古い煉瓦造のビルや倉庫が、ショップや新たな公的機関に変わったりして。
けれど、違いを感じる部分もあります。
 
建物の中身は当時と変わっているものの、時が止まったまま、あの空間が残されること。
時々、そういう街ってありますよね。
一種独特の気を放つ場所。
泊まったホテルも然りでしたし。
それでも、観光も満喫。
小樽の夜は、お寿司とぶらぶら街歩き。
久しぶりにいただいた海の幸は、こんなに美味しいものだったなんてね、新鮮な感覚。
そして、翌朝。
が、
が、
早朝から、突風、雷、大雨〜!
朝5時半に、稲光って(笑
{9EDE9988-C6C5-4D33-A3FF-328A1563289A}
6時半になると、雷は止んだものの、雨と風

 

{87B00F89-1E7A-4EA8-A145-2D34E233CDA6}

ああ、早朝の散策は仕切り直しです。

まあ、これも想定内なのですよ、
いつもの事だから。
予想していたのは夫も同じで、
「相変わらず、雨降らせるよねー」ですって(╹◡╹)
にしても、今回は嵐かー、と。
ええ、今回は激しい嵐でした!
一気に浄化させてもらいました。
新たなる思い出、ならぬ伝説です☆

港も、こんな荒れ荒れ。
{B55BA3FB-FAAD-444C-B8DF-32A485645013}
小樽市内も台風並みです。

 

{7F27AECF-6785-4C75-8435-8D2DE2C815F9}

 

レンタカーで良かった!
この天気のまま、富良野に移動した訳です。
で、冒頭の、みぞれの降る丘に繋がるんですね〜
明日は雪は積もるのかしら???

 

☆ 10/15~10/24 までバケーション中です。メール連絡は通常よりお時間を頂く可能性もありますが、受け付けておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

「魂が望む幸せな未来」を創るために。

あなたの眠れる気づきのスイッチをオンにするセラピスト&ヒーラー AKIKO☆

 

 

 

 

2017-06-29

Posted by aria