前世の整理4(土地も繋がる)

他生の備忘録

セラピスト&ヒーラー の Akiko☆です。

すっかりゆるゆるの夏休みモードに突入。

更新ゆるやかですが、今日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます!!

 

 

{80813D81-D957-44E5-A741-F4C616EF82D0}

 

 

 

 

今日は終戦記念日です。

どうぞ、多くの御霊が安らかでありますように。

 

 

 

いろんな見方はあると思いますが、70年以上もいわゆる戦争がないって、やっぱり素晴らしいことですよね。

 

 

 

諸外国の人たちと話すと、日常のどこかに、かすかでも常に戦争の意識があって、何かを判断する時に争う、戦う、身を守る、ことがベースになっていたりします。

同じ20世紀、21世紀を生きているのに、と驚くこともあります。

 

 

 

今この戦いのない国に生まれ、生きている人もいる。

戦争の無意味さを、何度も生まれ変わるうちに知っているからこそ、今回はそういう国、日本を選んで生まれたのかもしれませんね。

だから、どんな国の人でも、どんな悪と言われる人でも、私は、今戦争のさなかにある人たちのことはかわいそうにも思いますし、早くその学びを終えると決めることを願います。

みんなのためにも、地球のためにも。

 

 

 

さて、前世の整理の体験談、続きに参ります!

 

 

 

前世では、第二次世界大戦のヨーロッパに居たと、セルフセッションで出てきました。

終戦記念日のタイミングで、そのころのことを思い出す流れができているとは~

不思議ですが、ハイアーセルフ、高次の自己のすることには無駄がないですよね!!

 

 

 

当時の記憶に、Odessa オデッサ というキーワードがあります。

「はて?」

見当がつかなかったので、あとから調べたら、

 

 

 

1946年 ドイツの旧ナチスの残党党員の逃亡を助けるために結成された秘密結社

参考*wikipedia 他

 

 

 

らしいんですね。

 

 

 

あのイタリア・トゥルーリアにいる彼女(名前は省略します)、そのオデッサのことに関わってしまったようです。

(時代が時代で、第二次大戦終わったころなので、こういう事例は多いんでしょうね・・・)

 

 

 

当時の彼女は危険な目に合ったでしょうが、今の私なら、どんなひどいことがあっても、やはり人間だと思いたいので、ナチの人でも見逃すかもしれません。

それと、今住んでいる横浜のこの地域は、ドイツの人たちや、ドイツに住んでいた日本人の人たちがおそらく日本で一番、沢山住んでいるのですね。

その中には、長い長い縁、前世で会っていた人もいるかもしれません!

実際の親族DNA繋がりの人もいるかもしれません!

そのころからの見えない糸が、いまもこうして繋がって、何かを訴えているような気がするのです。

 

 

 

そのオデッサを支援していた人の中には、おそらくですけども、キリスト教関係の力が強かったのではないかと思います。

私の観た記憶の中では、そう見えました。

なぜ各地に逃がすことを手助けしたのか、まだはっきりわかりませんが、一つはアーク(聖櫃)の秘密を守るためだったような。

アークは、石板を運んでいると言われますが、観た感じでは違うものが入っていました。

分霊の記憶では、石板のために、っていう感じではないんですよね~

 

 

 

(詳しく書くのは、まだ時期じゃないようなので、だいぶ端折りました。)

 

 

 

前世の彼女も、その中身の真実を知った故に、結末は自死を選んだように感じています。

私の前世である彼女が、さらにその昔の自分の魂の一部が絡んだできごとに翻弄されて、生を絶った。

これがテーマ(カルマ)の一つであるならば、もう終わりにしたい。

 

 

 

表に言い伝えられていることと、書物になっていることと、

真実、のギャップへの葛藤もあるのですね。

今の私も同じく感じるところです。

 

 

 

でね、

前世を思い出し、たどっていくうち、

今回生まれた目的や、魂がもともと決めてきた目的 が今までよりもクリア!にわかってきたんですね~

 

 

 

それと、突然現れた身体の症状、どうしてもわからない症状が、前世と関係していることが分かってきました。

 

 

 

その続きは、また次回に!

よろしければ、またいらしてみてください。

 

 

2017-06-29

Posted by aria