今、前向きになれなくても知っておいてほしいこと☆

気づき・Letters

こんにちは

AKIKO☆です。

 

 

image

 

 

 

 

真夏のような数日ですが、外は金木犀の香が漂い始めています!

良い香り~

ああ、秋なんですね。

 

 

 

前記事を読んで、何か起こるのかと心配された方もいらっしゃったようで。

特にそういうつもりで書いたわけではありませんよ~

何か起こるときは起こるし、起こらない時は起こらないし。

 

 

 

まあ、こういう世の中ですから、それに一喜一憂するより長い目で見るほうが、心やエネルギーもプラスを放ちやすいですね

 

 

 

これから具体的にどんな世の中になっていくのか、予言めいたものや、チャネリング情報、世相から分析した情報もあります。

答えは一つとは限りません。

 

 

 

参考までに、私が感じたり、ガイドたちとの会話から得たことは、

 

これから大きなうねりがあって、それは意識のシフトであるのだけれど、

「それを経験することを決めた魂」と、「経験したいけれど諦めかけている魂」、「経験しないと決めた魂」、とに大きく分かれた、とのこと。

意識のシフトを経験したいグループは、今回の人生の壁も階段も、自分の手足や助け合って登っていく。

経験したいけれど諦めかけている魂は、もう少しのところで、今、ギブアップしそうでいる。

経験しないと決めた魂は、楽々な自動の椅子に座って登っていく。

 

もちろん違いがあって、うねり、意識のシフトを経験する魂と、経験しない魂では、行く先が変わる。

経験する魂の行き先は、ありきたりな表現になりますが、「魂が望んでいる世界」。

経験しない魂は、「別な世界(別な銀河?)」に行き、そこではそれを経験しないで行くために、ある部分が抜け(欠け)て生きていく。

 

どれが良くてどれが良くない、と決めることは、できない。

いずれにしても、選択の結果なので、本人はそれで良いと感じる。

 

 

ざっくり言って上記のように感じていますが、

人の数だけ現実があり、その人が思うもの、感じるものが世界を創っていくので、

ご自分のハートの奥で感じていることを大切にしていただきたいと思います。

 

 

 

 

個人的には、経験したい派です(笑)

そのためにも、固定観念にとらわれずに、長年良しとされてきたことの枠を超え、ちょっとの違和感には疑問をもちながら、あらゆる可能性に意識を開いていきたいと思っています。

 

 

 

前置きが長くなってしまいました☆

 

 

 

気になってしまうのは、「ギブアップしそうなグループ」に属する魂。

それは、前向きになれない、なんだもうこのままで良いかな(現状維持)、と感じている人たち

諦めるならそれも選択の自由ですが、

もう少し助けがあれば、気持ちに余裕が持てれば、目の前の一段に足をかけられるのに。

いつかは、壁だってたいして高くないし、階段も、そう感じられる時がきます。

もしも、つらい状況がある、生きることにときめきすら感じられない、

諦めそうな心に思い当たる節があれば、もう少しだけ歩くのを止めないで頂けたらな、と思います。

 

 

 

目の前に起こること。

それをどういう風にとらえるか、どう感じて、

どんな反応をし、何を選んでいくか。

一人一人違います。

 

 

 

いわゆるネガティヴな出来事、が起きたとします。

そういう時に、

ネガティヴと思われる事に飲み込まれず、いかに希望や笑い、明るさを見つけられるか。

言い換えると、ポジティブに対応するか。

 

 

それが必要とされている大切なことなのですね。

 

 

ネガティヴを無視して避けたり、逃げたり、批判するのではなく、

それが起こったことを認め受け入れて

その中に、ポジティブの種を見つけるのです。
 

嫌な事、悲しいことは、できれば避けてしまいたいのも人情ですよね。

それなのに、頭から、ハートから、傷が消えず、その記憶に浸ってしまうこともあるでしょう。

でも、それに振り回されるのも、一時にしておきましょう。

 

 

 

そういう感情や出来事は、無視してしまうという方法もあります。

けれども、避けるとは、それがあると暗に認めつつ、それを否定すること。

否定とは、別な形にして押し込めてしまって、隠したまま無意識にエネルギーを与えてしまうのですね。

隠した感情や記憶に飲み込まれている。

つまりは、そのテーマをクリアしたことにならない。

 

 

 

ポジティヴが良いとか、ネガティヴが悪いとか、それが論点ではないのですが、

今諦めそうな人、前向きになれない人、現状維持に落ち着こうとしている人にとって、分かりやすい例えのつもりで話しています。

 

 

つらい、面白くない、悲しいなどのネガティヴな感情や状況に飲まれるのではなく。

それらの出来事を経験をすることで、人は大きく成長します。

器が広がり、魂が進化します。

今だからこそ、その経験から、分かることがあるはずなんですね。

経験することが、一番の教師だと思います。

それが知識や情報よりも深い智慧となって、魂が喜ぶんですね。

 

 

経験することを怖れないで

それがいつかあなたの魂を進化させます

全体の魂は、そのことを喜び迎えてくれます

諦めないで、ポジティヴの種を見つけていきましょう

 

 

 

 

 

2017-06-29

Posted by aria