三峯神社 参拝2017(行き方)

旅日記&温泉日記,聖地・パワスポ・神社仏閣 など

久しぶりのブログです。

なんだかね、先月からずっと妙な夢ばかり見ています。

私たちが眠っている間に見る夢は、無意識の領域を表していると言いますが。

そもそも、眠っているときに見る夢とは、この世の夢幻から覚めた本来の私たちの姿を知らせているんだよね。

最近私が見ているのは、ちょっと楽しいばかりの夢じゃないんでね。

体感も重いし、気候の事、大地の事ありますので、気をつけたいですね。

 

 

さてと~話題を変えて。

今日は、三峯神社について書きますね。

埼玉県・秩父にある三峯神社。

オオカミ信仰でも知られ、日本有数のパワースポットと呼ぶ人もいますね。

その三峯神社では、「氣」を込めたお守りがお配りされていますが、いま大変なことになっているんですね。

 

三峯神社

 

 

三峯神社の気のお守り :

 

三峯神社の「氣」のお守りは、赤や青色のものが通常お配りされています(購入できます)。

こちらのお守り、かなりパワフルです。

三峯神社の一帯が強い氣を発して辺りを包んでいて、お守りを持つことで離れていてもその氣で守られていることをはっきり感じることができます。

ご利益や即効性は人によると思いますが、私個人はいろいろある神社やお守りの中でもこちらの気が合いやすいようで、普段から持ち歩いています。

通常版の氣お守りを頂いてきた話はこちらに書いています。)

 

さらに、これも有名な話ですが、三峯神社では、毎月朔日だけ配られる白い「氣」のお守りがあるんですよね。

月に一回となると、通常の赤や青などのお守りとどう違うんだ?!と思う方もいるでしょうけども。

なかなか手に入らない、尚且つそのパワーを求める人が増え続けたことで、毎月の配布は大変なことになっているそうなんです。

実は私、少し前に、こちらの白い氣のお守りをいただいてきました!

それがね、手にして帰るまで、フェスなどの一大イベント並みの準備と気合いが必要となりました。

そしてここから、その

白い氣お守りを頂く三峯神社への行き方(参拝)

を書きたいと思います。

 

 

 

まずは、三峯神社の場所 :

 

三峯神社があるのは、埼玉県の秩父地方、山の上です。

東京近郊のマップでいうと、こちらの赤丸印

三峯神社 地図1

 

 

行き方  :  都心から電車で行く ;

 

主な行き方としては、池袋駅から西武池袋線に乗り、西武秩父駅まで特急で約1時間30分。

更に、西武秩父駅から三峯神社まで、バスで約1時間30分~。

 

 

 

車で行ってみた :



これだけ見ると「山間部でも、案外近そう」と思えますが、そうは問屋が卸さないんですね~

白い氣お守りの配布は、朔日午前8時~午後5時の間

月に一回、一日だけの限られた時間です。

この間に、現地について、整理券を頂き列に並んで、受け取る必要があるんですね。

 

私のスケジュールは、こんな感じでした。横浜から車の場合

前日に車で横浜を出発(都内の渋滞を避け、当日午前8時の配布に間に合わせるため)

埼玉県内で前泊し、当日の午前5時ホテルを出発

予定では、約4時間後、午前9時頃に配布の列に並ぶ

 

が、実際は、前泊し5時の出発は同じ、

配布の列に並んだのは、、、午後2時半過ぎでした。

う、噂には聞いていたけれど、こんなにかかるとは。

 

三峯神社 地図2

 

こちらのマップの右上、赤丸西武秩父駅

左下の赤丸三峯神社

その間を結ぶ水色のラインが、一般道で、通常何もないとき約1時間半。

距離にして40㎞あるかないかくらいです。

 

ところが、周りにう回路がほとんどないですから、この道路は必然的に車で埋まって来るんですね。

それも、白いお守りが配られる日は、遠方からも続々と車が集まるという。

私もそのうちの一人ですが、その道の途中、三峯神社まであと10㎞あたりのところで完全に車がストップ。

(西武秩父駅と三峯神社の間に在る、秩父湖を渡る国道278号線の分岐のあたり)

 

三峯神社 地図3

 

 

案の定、渋滞にはまる :

 

ここからが長かった・・・

この10㎞は、くねくねした山道が延々と上りになっています。

その10㎞になんと、5時間!

5時間車中ですよ!

オートマ車で良かったよ~

食べ物、飲み物も持参しておいて良かった。

 

 

道の途中、数カ所に、駐車スペースはありますが、ほとんど埋まっているか、そこに置けたとしても何キロも上りを歩くのはつらいですよ。

それでも、途中で車を置いて、雨降る中を歩いて登る方々も沢山いました。

路線バスで来た方も、たぶんドライバーさんが促したのか、ぞろぞろとバスを降りて、延々上りを歩いていましたね。

この状況、改善した方が良いでしょうね。

例えば、この山道に上がる前にパーキングを作って、シャトルバスを走らせるとか。

ゴルフの大会や、フェス会場、戸隠神社なんかでも見かけるシステム。

シャトルなら渋滞も緩和されますし、排ガスの大気汚染も減りますよね。

 

 

 

やっとのこと、現地到着 :

 

さて、5時間かけてのろのろと車で進み、やっとパーキングに到着。

そこからは、この眺め!

 

三峯神社4

 

鳥居の前で、整理券(一人一枚のみ)を配っています。

整理券を頂いたら、鳥居から中へ。

境内は10分もあれば本殿が見えてきますので、そちらでお参りした後、配布の列に並びます。

やっと、やっとですよ!

ここでも、30分くらいは待ちましたが、進みはサクサクしていました。

並ぶ際は、配布終了時刻(私の時は午後5時)が決まっていますから、その点注意です。

そして、なんとか白い氣お守りを頂くことができました。

(画像は省略しますね)

この白い氣守り、やっぱり凄いですよ。

 

 

本殿前には、ご神木が2つありますし、横には摂社末社あります。

三峯神社5

 

 

個人的に、國常立神社にもご挨拶をして、と。

(なかなか数少ないんです)

三峯神社6 國之常立

 

 

いろいろ感じてみるのも面白いですよ。

この場所、この山。気が整っていて、面白いところですからね~

世には神社はいろいろありますが、私が好きな、相性の良い神社、場所の一つが、三峯神社です。

好きかどうか、相性が良いかどうか、を自分で知るには、神様を擬人化したり、ストーリーで選んだり、「しない」ほうが分かります。

(※人間が神様として祀られたものもあるけれど。)

その地を自分の感性で純粋に感じてみて、エネルギーの相性、快不快等を素直にとらえること。

ですかね。

 

 

時間もパワーもすごく必要な所ですけども、(特に朔日はね。)行ってみてほしい場所でもありますよ!

ちなみに、帰り道に車のエンジンがおかしくなり、生まれて初めてレッカー車にお世話になりましたの。

クルマは点検に出したばかりで、正常だったんですけどね。

それも三峯神社参拝でエネルギーシフトしたからだと思います。

こういう所に行くと、あるのですよね~

 

 

2017年8月1日の白い氣守りの配布は、開始時刻が早まり、整理券は午前1時半、お守りは午前2時~となったそうです。

なので今後は、10㎞の距離を5時間かかる、なんてことは解消されていくかもしれませんね。

そう願います。(╹◡╹)♡

 

これから行かれる方には、今日の記事がなにかの参考になれば幸いです☆

 

 

三峯神社 お朔日参拝(白い氣お守りを頂きたい方)のチェックリスト

 

1.事前にHPで、配布のスケジュールをチェック(毎月変わる可能性)

2.ルートの確認

3.泊まる場合は、一番良いのは、三峯神社に併設されている宿泊施設(早めのご予約)

4.道路の歩きを覚悟されるなら、歩きやすい靴

5.飲み物、軽食

6.折り畳み傘(急な雨が降る場合も)

7.車の場合は、十分なガソリン(渋滞中にガス欠になる方もいるそうです)

など

三峯神社HP

http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

 

 

 

 

2018-08-11パワスポ,朔日,神社,聖地

Posted by aria