クリスタル(水晶)のセルフヒールド

クリスタル、鉱物、ミネラル

前記事でご紹介した動画を見てくださった方いらっしゃいますか?

珪素(ケイ素)、シリカ、がなんでこんなに地球にあるのか?

水晶の組成物ですよね。

今までの視点を切り替えると、物事は急に奥行きが広がります。

Let’s ゲシュタルト崩壊(笑

いえ、マジで。

一旦始まると、あのことも、このことも、全く意味が違って見えてきますから。

 

 

 

さて、こちらをご覧ください。

 

 

こちらも水晶。つまり、珪素のかたまりです。

私の今一番のお気に入り、ガーネッシュヒマール産ヒマラヤ水晶。

この照り。

つやつやでテカテカ。

 

ヒマラヤ産のクリスタルが欲しいな~っとぼんやりしていたら、先日出会ってしまいました。。

ヒマラヤのガーネッシュヒマール地域の出身です。

その時のエピソードも面白くってね、でも今は置いておいて。

何より私をめらめらメラメラ引きつけたのが、このセルフヒールドの素晴らしさ!

(ザラッと見える凸凹したところ)

一見細かな断面ですが、どれもつるっとして柔らかく、繊細な波動をしているんですよ。

 

 

このセルフヒールドは、水晶が土から掘られる時や、土の間にいる時、割れたり欠けたりして傷ついた部分を、自ら再結晶化してヒール(heal  癒す、治す)したものです。

ざらざらの断面や欠けた部分を、自ら直していくんですよ。

凄いですよね~~

自分で自分の傷を治して、生まれ変わっていくんですよ。

 

 

他にもいろんな言われがあり、自己再生するクリスタルの特徴から、持ち主のヒーリングの力をサポートするとか、エネルギーやパワーが通常のクリスタルより断然高い、とかスピリチュアルな見方がありますね。

 

 

個人的に、私が好きなクリスタルの形態のナンバー1、2が、セルフヒールドやエレスチャル。

特に、セルフヒールドタイプのクリスタルが集まってきます。

磨き、研磨も素敵ですが、好みはセルフヒールドやエレスチャルの溶けたような、全てを包みながら生まれ変わるエネルギーが大好きなんですね。

 

 

そして、こちらもヒマラヤ水晶。

鉄分から赤みがかっています。

 

このヒマラヤ水晶は、ポコポコと小さい結晶が集まり一つの塊となっている、クラスター。

小さいポイントいくつもあるのが見えますが、そのうちの一個、先日取れてしまいました。

取れた根元が、画像の中央下よりの、白っぽい部分。

 

 

取れた先っぽがこれ。

 

でね、ここからが信じられるかどうか、な話なんですが、

割れた断面はざらざらしていました。手で触ると、尖っていて少し痛い。

それが、、、

「セルフヒールするかな?」と思って手で撫でていたら、、、

ざらざらが、つるつるに!!!

断面の角が取れて、柔らかくなっているし!!!

セルフヒールドが始まっている。

(画像は、ヒールドした後)

 

 

普通は、信じないと思います。

水晶が結晶化するのは、100万年に1㎜とか、100年に1㎜とかが常識。

だけれど、目の前で変わり始めちゃったし。

それに、益々信じられないと思う方がいるかもですが、でも書いておこうと思いますが~

今までもこういうことが何度もありました。

クリスタルが育つ、形が変わる、ことね。

 

 

起こることは起こるんですよ。

常識じゃない、と、ね。

さあ、これもある意味、ゲシュタルト崩壊 ですね♪

 

 

 

 

 

ああ、綺麗だな~

優しいな~

 

 

 

 

 

2017-11-02クリスタル,ケイ素,ヒマラヤ

Posted by aria