エゴや自我のトリック

セルフケア,気づき・Letters

充電開けからちょっとずつ社会復帰してきています。

ここしばらくは、一日の終わりに「ああ、疲れたな」と感じることがほとんど無かったので、久しぶりの感覚が新鮮です。

何かを学んだり旅行に出かけたりの疲労感はありましたが、自分から動いて取り組んだ後に感じる疲れはまた違って、生きて社会参加している感じが面白いです。

 

 

でね、新しく何かが始まる時と言うのは、誰しもいろんな感情や思考が湧いてくるものですが、今回の私も言わずもがな。

また一からの始まりに、「この先どうなるのかな」とかね。

不安は無いけれど不確かな手ごたえに、もわっとする部分もあるのです。

 

 

すると、今度はエゴや自我がささやいてくるんですね。

ささやきながら、「こっちより、もっと良いものがあるよ」という具合に、別なオプションを見せて来るのですよ!

例えば今回なんかは、もっと簡単で、楽しげで、キラキラしていそうなお仕事が、「あらこんなタイミングで!」というスムーズさで紹介されて。

今がベストな時期ですよ、あなただからこそできるんですよ、上昇の流れに乗れていますよ、etc

そんな風に、誰かのお誘いや、画面からのメッセージで、現実に現れました。

 

 

「そっちに行けば、もっと素敵な世界が広がるし、こんなにスムーズに展開するのは流れに乗っている証拠で、見えない存在に守られている。」

と、今までだったら、そうしていました。

スピ系でもそういう傾向がありますし。

 

 

けれどね、それが実は、エゴや自我のなせる巧妙なトリック。

新しいことが始まるときに、「これって、本当かな?」「苦しくなるかな?」「大変かも」そんなヤバい笑と言えるような気持ちがむくむくとし始めると。

「こっちだよ、こっちが楽しき、本物だよ」などと、良いものを現実に見せて来る!!

人との連絡や、交通機関や、諸々の進捗が順調に進んでいるように見える。

物事がサクサクと進んでは、あたかも理にかなっているように見えるんですね。

 

 

でもそれって、あくまで、進んでいるのは「理」をベースにしたものだけ。

あるいは、利害の「利」。

 

 

エゴや自我は、良い顔をしてやって来るんですよ。

 

 

良い顔を見せている時というのは、実は、チャレンジする新しい自分が失敗しないように傷つかないように、という自己防衛でもあって。

または、自分の中の隠された願望(ぬくぬくと安全なところにいたい)をかなえようとして。

 

 

人の意識は興味深いですね。

今回の私の自己防衛の下には、私が見ようとしていない(認めたくない)思いや感情が、奥底~~~にかくれていました。

今回それが何なのか、やっと気が付きました!

書くと長くなるので割愛しますが、たぶんこの7年間、ずーっと底に眠らせていた感情。

そうなったキッカケは、ある出来事で自分が傷ついたからでした。

傷をそのまま見ないようにして、別な思考パターンを鎧にして、時に別な人格をひっぱってきて。

それと、自分の行動に矛盾があったこともまざまざと知らされました。

アンバランスだった部分ね。

 

 

あっぶなー(笑)

またもや、浅瀬でちゃぷちゃぷしてしまうところでしたわ。

魂からの声と、エゴや自我の声と、大いなる流れが言っている声とを、ごっちゃにしてしまうところだった。

 

 

エゴや自我の全てが悪いわけではないし、エゴや自我の導きに乗っかってもいいんですけどね。

乗っかったからこそ得られる学びがありますから。

乗っかって行って、それでいわゆる願望実現をしたり、社会的成功をおさめることもありますが、それには信じ込む、信じ続ける、信念が伴います。

そして、信じ込んで出来上がった世界は、どこかゆがんでくる。

長ーい目で観て、それも有りで良いんだけれど、もうそろそろその世界は十分なんじゃないかなと思います。

 

 

日々気づきの連続です。

 

 

こんな浅瀬なら、ちゃぷちゃぷしたい♪

 

 

 

 

 

2018-10-19ニュートラル,感情,自我

Posted by aria