お清めや、御神酒に使うお酒について☆

全ては周波数、波動。音、サウンド

浄化シリーズ。

色々ネタがあってですね、どれにしようか考えて、今日はお酒(日本酒)についてです。

 

 

お酒、日本酒 豆知識:

 

神社等で見かける日本酒。御神酒、おみき。

お供え物としての役割もあり、また、場や人の浄化としての役割もあります。

私の自宅でも、お札の近くに日本酒を置いています。

お酒はアルコールですから、殺菌・消毒効果もあって、物理的な浄化作用があります。

また、エネルギー的に不浄なもの、波動の重いもの、もやっとしたもの等を寄せ付けないので、見えにくい分野、霊的な分野での浄化作用が強いです。

お味噌やお醤油もそうですが、日本酒は、きれいな水、豊かな大地(土、風、気温、光、水)、良い米と麹菌、酵母、火、時間、人の手と心、等のバランスで、1年半以上もかけて生み出されるのですよね。

ワインやビール、その他のアルコール類も同じように時間と手間と最適な環境で生まれるのでしょうね。

アルコール類は、ある種の錬金術だと思います。

それゆえ、浄化の働きが強く、お供えにされたりするのでしょう。

 

 

 

どんなお酒を使うか? :

 

ご自宅でお酒や御神酒を置かれている方いらっしゃると思います。

どんなお酒を使われていますか?

私はね、今までいろいろ試してみました。というか、たまたまその時自宅に有ったものを使ってきました。

大吟醸、

手軽に買えるカップ酒、

芋焼酎、

神社で分けていただいた祈祷済みの日本酒

等。

芋焼酎はどうなのよ?? というのは、自分でも思いましたけど(笑)

普通、焼酎はお神酒代わりに置かないかも???

でも、焼酎の産地によっては、そうされるのかもしれませんが。

 
 
 
 
 

個人的に気になった日本酒 :

 

それで、先日、お酒が切れそうだったのでスーパーマーケットに買いに行きました。

商品棚には、何十種類も並んでいます。

どれにしようか? 迷いますよね。

ざーっと眺めていて、やはり日本酒なら大吟醸か?

それとも、京都の銘水でつくられた清酒か?

味の好みで選ぼうかな、と思いながら、並んでいる瓶を手に取っていったところ・・・

ふわ~っと軽い一本が!

それが、上の画像の、有機米使用純米酒。

瓶の重みが軽いのではなくて、波動が軽い!

さらさら、ふわりと。

他にも、有名なもの、名産地のもの、等と比べてみましたが、美味しさと波動の軽さは、別なんですね。

へえ~っと思わず、声が出そうになりました、 一人、お店の棚の前で。

こんなに違うとは。

この柔らかくて優しい波動。

神社等で祈祷されたお酒もパワフルでなかなか良いと思いますが、それに叶うんじゃないかな、と個人的には思います。

 

 
 
 

その日本酒は :

 

呑んでみたい日本酒のことは今回は忘れて、と(笑)結局、この「秋田銘醸 美酒爛漫」シリーズの有機米使用純米酒 にしました。
http://www.ranman.co.jp/ranman/products/productdetail.php?productid=133250

ネットで見ると、デザインが違いますが、内容は同じみたい。おそらく、購入したのはスーパーマーケット版か、デザイン変更前のものかもしれません。

 

 

 

有機栽培、自然栽培のものを選ぶ :

 

今回私は、有機栽培のものを選びました。

有機栽培、自然栽培、と言われているものには、基準があいまいなものが沢山あります。

自称オーガニック製品や、肥料を使っているけれど農薬は使わない、もあれば、その逆もあって。

現状、細かく追求していったらきりがないので、あとは「自分がどこまで情報を確認できるか、それを信頼するか、感覚を感じ取れるか」で買うか買わないか決めれば良いのではないでしょうか。

でも、そういう商品、製品を選ぶことにも大切な意味があります。

戦後に一般的となった栽培方法よりは、農薬を減らし、化学肥料を減らした土で育った品のほうが、身体と心が浄化され、力が育まれ、健康になります。

そして、何より大地や水や環境が汚れません。

使わせてもらう側が、自ら浄化や育成に携わります。忘れがちなことですが、忘れてはいけないと思います。

浄化や、お神酒等でより清めたいならば、清らかな環境で作られたものを選ぶのが自然 なことと思います。

 

 

まとめ :

 

今度ご自分がお酒やお神酒を買われる時にどれを選ぶか迷ったら、参考になさって見てくださいね~

下に、今日書いたメーカーさんのブログ記事リンクを張っておきますね。

★無農薬栽培米 あきたこまち  について

 

★自然栽培米 (無農薬、無化学肥料) について

http://www.ranman.co.jp/ranman/letters/201612sizensaibai.php

 

他にもいろんなメーカーさんが有機栽培や自然栽培のお酒を出されています。

これだ!というもの、見つかると良いですね☆
 
 
 
 
 
 

2018-03-16

Posted by aria